So-net無料ブログ作成
検索選択

SAYONARA・フラーヴ〜fleuve [犬介護]

110517.JPG
我が家に来て間もない頃のフラーヴ 2011/5/17

ご無沙汰しています。
最後に投稿してからおよそ7ヶ月も経ってしまいました。

そしてこれが最後の投稿になります。

フラーヴが、5月23日、早朝5時36分、静かに息をひきとりました。
最後は私の寝室にて一緒に寝ながら、4日目の朝のことでした。穏やかに、ちょっとのけぞるようにして永い眠りにつきました。

1.jpg
クリスマスの頃、近所の公園にて

昨年の5月6日に引き出してから、ちょうど1年を過ぎたところでした。
最初は多飲多尿に驚き、血液検査の結果も尿検査も最悪の状態でした。
膀胱の状態も荒れ炎症を起こしているようでした。

2.jpg
右耳もひどい状態で、最後まで完治しませんでした。

僕の呼びかけが聞こえているのか確信が持てませんでした。
きっと、自分の名前は「フラーヴ」ということが最後まで理解できていなかったと思います。


3.jpg
最後まで甘えるということがなかったな、、、

なかなかご飯も食べてくれず、身は痩せ細るばかりで、
ドライフードをふやかしたり、いろいろトッピングを工夫したり、、
一時は体重が増えた頃もあったのだが、



4.jpg

それから、
極度の分離不安には参りました。
日中は事務所に置いて一緒に居るのだが、少しでも私の姿が見えなくなると、
「ウォンウォン」鳴き続け、家具類を壊し、糞尿まき散らし、糞をカーペットにこすりつけ、、、


5.jpg

打ち合わせで外出した場合には、終了次第、速攻で帰って参りました。
何度もカーペットを洗いました。
バリケンも大型のものを自宅と事務所にそれぞれ設置、、
大変だったな。

ホント、引き出して間もなく、私は老犬の介護役だったということに気がつきました。

6.jpg
ソックスくん、同じ頃引き出されました。 フラーヴの友達役です。
一度、残りご飯を争って大げんかをいたしました。
フラーヴがこんなにも大きな声が出るのかとびっくりいたしました。


7.jpg
1月2日、
この後、慢性腎不全から口臭がひどくなり、口内炎も進みさらに食べなくなっていきました。


8.jpg
1月2日、
好きなもの、食べたいものをあげていきました。


9.jpg
1月23日、
雪の夜、帰宅路の様子


10.JPG
1月25日



120408.JPG
4月8日、公園にて



120511.jpg
5月11日、猫に興奮。



120516_1.jpg
5月16日、よろよろだけれど、猫を発見して四肢踏ん張る様に
希望をつかんだ気がしたのだが、、


120516_21.JPG
同じ日、歩くのもやっとでした。



あれから2週間が過ぎました。

遺骨は私の部屋に花と一緒に置かれています。
眠るときも 起きるときも、
着替えて部屋から出るときも
フラーヴを思い浮かべます。

でも、もう早朝にも、夜中にも
オシッコさせるために外に出ることもありません。

近所のたくさんの方から、
「あら、今日は一人なの」「わんちゃんは」
と声をかけられます。
その度にフラーヴを思い浮かべます。


習慣が途切れました。
途切れては、フラーヴを思い浮かべます。





SAYONARA・フラーヴ


今までお越しいただいた皆様、暖かいお言葉をありがとうございました。
一時預かりの小さな活動ではありましたが
しばらくの間、休止したいと思います。




nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 6

マコちん

ヴォイスさん寂しくなってしまったね…やっぱり上京した時にフラーヴに会わせてもらえばよかった(;_;)私も娘も会いたかったんだけど遠慮してしまったから…遠慮しないでお願いすればよかった(ノ△T)
by マコちん (2012-06-06 21:37) 

ぶっちママ

はじめてコメントいたします。
 
昨年7月1日、東北震災で福島原発近くで暮らしていて飼い主さんとはぐれてしまったイングリッシュセッターを預かり「ぶっち」と名付けました。
 
初めて犬を飼う我が家では、7歳の猟犬の状態と行動におっかなびっくりで、どう接したらいいのか、ネットで情報を探しまくっていました。
 
そんな時、たまたま出会ったこちらのブログを拝見して、ぶっちとフラーヴが見た目がそっくりだったこともあり、とても参考にさせていただいていました。
ぶっちもガリガリで保護され、片目を失明しかかっていて、分離不安で騒ぎ、水を飲むと辺りがべちゃべちゃになって、後追いをしました。
でも、フラーヴの様子を見ると、ぶっちはまだまだ良い状態で保護されたことがわかりました。

そっくりだけど、ちょっとフラーヴの方がお顔が可愛くて(笑)、でも状態は大変そうで、気になって気になって、「出稼ぎ」に行かれた後も、ときどき見に来ていました。

ヴォイスさま、お疲れさまでした。この1年間、とても濃い愛情と時間をフラーヴに捧げて来られたこと、感服いたします。

フラーヴの分まで、そっくりのぶっちが長生きするよう、私たち家族も頑張ります!

勝手な思いですが、書かずにはいられませんでした。


by ぶっちママ (2012-06-12 22:06) 

ヴォイス

マコちん、そうか、そうだったね。フラーヴが元気だったら僕も積極的に声をかけさせていただいたんだけどね。僕も遠慮しちゃったよ。
by ヴォイス (2012-06-14 19:42) 

ヴォイス

ぶっちママさん、暖かいコメントをありがとうございます。ぶっちとの最初の出会いでは大変悩んだと思いますが、なんとかしなきゃと決心していただいたんですね。私も収容センターのフラーヴをネットで見つけ、手を挙げてみましたが、いざ会って見ると抱えている問題がわかりましたが「引き出しはやめます」と、断れないですよね。それから一緒に寝起きし、ほんのちょっとの期間でしたが嬉しそうに遊びたい、はしゃぎたいというような心のうちを僕に見せてくれたことがありましたよ。そうか、ぶっちの顔がみたいなぁ。
by ヴォイス (2012-06-14 19:59) 

従者

そうだったのですか。。。

大変なワンコさんをお預かりだなぁとは思っておりましたが
彼は亡くなってしまったのですね(つд`)

手がかかる事も無く、体は楽にはなったでしょうけれど
毎日の習慣が無くなるって、心の中に空洞が出来ますよね。
大変だけど愛情の意味を考える濃密な時間でしたのでしょうからね。。。

フラーブは、飼い犬としての幸せを得るために、ヴォイスさんのところへ来たのですね。
今までの苦しみや悲しみを打ち消せる、幸せで楽しい時間だったと思います。
人生(犬生!?)って、捨てたもんじゃないぜと笑っていたと思います。

お二人とも、お疲れ様でした。
by 従者 (2012-07-05 09:27) 

モモパパ

遅ればせながらのりサザさんのブログで知って飛んできました。

でも、最後は幸せだったと思います・・・。
フラーヴくんのご冥福をお祈りいたします。
by モモパパ (2012-07-08 23:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。