So-net無料ブログ作成
検索選択
犬介護 ブログトップ

SAYONARA・フラーヴ〜fleuve [犬介護]

110517.JPG
我が家に来て間もない頃のフラーヴ 2011/5/17

ご無沙汰しています。
最後に投稿してからおよそ7ヶ月も経ってしまいました。

そしてこれが最後の投稿になります。

フラーヴが、5月23日、早朝5時36分、静かに息をひきとりました。
最後は私の寝室にて一緒に寝ながら、4日目の朝のことでした。穏やかに、ちょっとのけぞるようにして永い眠りにつきました。

1.jpg
クリスマスの頃、近所の公園にて

昨年の5月6日に引き出してから、ちょうど1年を過ぎたところでした。
最初は多飲多尿に驚き、血液検査の結果も尿検査も最悪の状態でした。
膀胱の状態も荒れ炎症を起こしているようでした。

2.jpg
右耳もひどい状態で、最後まで完治しませんでした。

僕の呼びかけが聞こえているのか確信が持てませんでした。
きっと、自分の名前は「フラーヴ」ということが最後まで理解できていなかったと思います。


3.jpg
最後まで甘えるということがなかったな、、、

なかなかご飯も食べてくれず、身は痩せ細るばかりで、
ドライフードをふやかしたり、いろいろトッピングを工夫したり、、
一時は体重が増えた頃もあったのだが、



4.jpg

それから、
極度の分離不安には参りました。
日中は事務所に置いて一緒に居るのだが、少しでも私の姿が見えなくなると、
「ウォンウォン」鳴き続け、家具類を壊し、糞尿まき散らし、糞をカーペットにこすりつけ、、、


5.jpg

打ち合わせで外出した場合には、終了次第、速攻で帰って参りました。
何度もカーペットを洗いました。
バリケンも大型のものを自宅と事務所にそれぞれ設置、、
大変だったな。

ホント、引き出して間もなく、私は老犬の介護役だったということに気がつきました。

6.jpg
ソックスくん、同じ頃引き出されました。 フラーヴの友達役です。
一度、残りご飯を争って大げんかをいたしました。
フラーヴがこんなにも大きな声が出るのかとびっくりいたしました。


7.jpg
1月2日、
この後、慢性腎不全から口臭がひどくなり、口内炎も進みさらに食べなくなっていきました。


8.jpg
1月2日、
好きなもの、食べたいものをあげていきました。


9.jpg
1月23日、
雪の夜、帰宅路の様子


10.JPG
1月25日



120408.JPG
4月8日、公園にて



120511.jpg
5月11日、猫に興奮。



120516_1.jpg
5月16日、よろよろだけれど、猫を発見して四肢踏ん張る様に
希望をつかんだ気がしたのだが、、


120516_21.JPG
同じ日、歩くのもやっとでした。



あれから2週間が過ぎました。

遺骨は私の部屋に花と一緒に置かれています。
眠るときも 起きるときも、
着替えて部屋から出るときも
フラーヴを思い浮かべます。

でも、もう早朝にも、夜中にも
オシッコさせるために外に出ることもありません。

近所のたくさんの方から、
「あら、今日は一人なの」「わんちゃんは」
と声をかけられます。
その度にフラーヴを思い浮かべます。


習慣が途切れました。
途切れては、フラーヴを思い浮かべます。





SAYONARA・フラーヴ


今までお越しいただいた皆様、暖かいお言葉をありがとうございました。
一時預かりの小さな活動ではありましたが
しばらくの間、休止したいと思います。




nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
犬介護 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。